日曜ドラマ“下町ロケット”から学ぶこと

あけましておめでとうございます!

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

日曜ドラマの下町ロケット見てましたか?

このドラマ、号泣です笑。

 

心が熱くなった、人として…

逐一、号泣です。

 

敵も見方も関係ない 利益は二の次

大企業は、中小企業が働きやすい環境をつくる! 何をつくる「心をつくること」

 

心をつくる…

 

良い言葉です。

心ってつくっていくものなんですね。タシカニ

 

幼少期から両親に愛情を注がれ育ち人間形成されていく。

 

幼少期に、田舎に家族で帰省したときに置いて帰られ性格がひん曲がったボク。

色々と迷惑をかけた学生時代。

 

そんなボクを常に心配し、小言が多く躾に一生懸命だった母。

普段はもの言わず、時には厳しく自由にさせてくれた父。

子供の時には感じなかった愛情を大人になってから理解するボク。

 

感謝です。ホントニアリガトウ

 

お正月に両親の顔を見るとかなり老いてきてました。

あんなに大きかった父の背中が小さく写り、少し痩せて一段と小さく写る母を見ると少し寂しさを覚えました。

 

話は戻り、

夢を語り、人を信じ、人に裏切られ、人を許し、人に頼られ、人を裏切り、人に許され、人の為に努力し、人の役に立ち、人に支えられ、人に救われ、夢を叶える。

 

夢を語って、夢を叶えるまでの間の道のりにこそ、人生の面白さが詰まってるんだって思った。

 

心をつくる

 

ボクの胸に深く深く突き刺さってきた言葉。

大切にしたいと思うと同時に今年もひとつ、明確になりました。

 

心をつくる事とういう言葉を胸に刻み、今年もガンバリマス!!

 

 

 


一覧ページに戻る