事務所の床洗浄ワックスかけと床材の考察…!

大阪市平野区で自動車整備工場、事務所の床洗浄ワックスかけです!

 

  •  

 

事務所内のカウンターやテーブル等、外へ出して頂いており直ぐに洗浄出来る状態です。

 

 

 

事務所の床材はクッションフロア(御影石調)…。ナンデクッションフロア?

作業場から事務所の出入りで御影石調の柄が分からない程、自動車のオイル・機械油の汚れが多く目立っておりました。

クッションフロアは安価故?紫外線ヤケなのか照明ヤケなのか見えてる部分は黄変も目立ち、劣化が激しい状況。カナシイデス

 

劣化しやすいのかなー?

 

一般的にクッションフロアは、継ぎ目が少なく済み、水分を通さないため、キッチンや洗面所、トイレなどの水まわりの床に多く使われる床材です。

そしてこのクッションフロアは細かく凹凸があり、凹の部分に汚れが溜まり日頃のお手入れではなかなか汚れを取りきるのは難しいです。

普段、お掃除をしっかりしていてもこんな状態になってしまいます…泣。

 

さて、汚れは取れるのか??

ガンバリマス!!

 

 

 

洗浄後は黄変した部分が気になりますがスッキリしました!

このあと、ワックスを塗布するのですが、細かい凹凸も埋めたいので3層塗りします。

 

 

 

床が明るくなりキレイになりました!

 

  • ワックス掛けをする理由はワケがある

・ワックス掛けをする事により床材の保護・延命

・美観の維持向上

が、あげられます。

 

デメリットは。。。

ワックスの黄変・黒ずみ・劣化というものがあります。

この場合、劣化したワックスを剥離しなければキレイになりません。

 

今回、黄変したクッションフロアを洗浄して感じた事は、

凹凸のない、表面が硬く丈夫で重い物を置いても凹まず、土足の場所にも向いている「長尺シート」で良かったのではないかと…。

一般の事務所とは違う、油汚れも持ち込みますしね。

 

 

カウンターテーブルを入れるとこんな感じ♪

 

ワックスを塗布する事で日頃のお掃除も楽になりますので、頑張って維持してくださいね♪

 

今回のお客様の声はコチラ

大変きれいにして頂てありがとうございます

 

本日は誠にありがとうございました!


一覧ページに戻る