プロが解説!鏡のうろこ(水垢)の取り方

お風呂の鏡はキレイに姿が写ってますか?白くうろこ状に付いている汚れ・・・。気になって掃除しても取れない!どうしたらキレイになるのか悩んだ事ないですか?鏡の石鹸カスや水垢をキレイに落として快適にお風呂に入りたいですよね。そんな頑固な水垢の掃除方法を解説します。

水垢は溶かすか削るかの二択です

水垢に有効な洗剤は酸性洗剤となります。お酢やクエン酸になってくるのですが、溶かす能力が弱い為、根気が必要となりますが、安全性では一番です。削る方法では、ダイヤモンドパッドや研磨剤入りのスポンジになりますが、傷が付きやすい為におすすめはしません。洗剤に仕事させて取り除く事が好ましいです。

なぜ、鏡にうろこ状の汚れや白い汚れが付くのか?

お風呂の鏡は常に濡れた状態なので、水に含まれるカルシウムやケイ素・マグネシウム等のミネラル成分が水が乾いた時に結晶となって張り付きます。これがうろこ状の汚れとなります。いわゆる水垢です。

また、シャンプーやボディーソープを使うので洗い流す時に皮脂汚れや石鹸カスが浴室内に飛び散ります。その汚れが鏡に付着すると白く膜を張って鏡が曇ってキレイに写りません。

お風呂の鏡ををピカピカにする方法

鏡のうろこは水道水のミネラル分が固着したもので、このミネラル分の種類によって落とし方が違ってきます。カルシウムやマグネシウムだと普通の酸で溶解しますが、ケイ素だと普通の酸では溶けません。ケイ素を溶かす薬品もありますが、鏡の成分がケイ素ですので鏡まで溶かしてしまうことにも成りかねませんので注意が必要となります。

まずはじめに、バスマジックリンなどのアルカリ洗剤で鏡についた汚れをキレイに落とします。これでキレイになれば問題ないですが、ここに来ている方はアルカリ洗剤でキレイにならない方ですよね。そういう方はここからが本題(笑)

クエン酸やお酢を使った掃除方法は?

クエン酸やお酢を使った方法は、おすすめしません。なぜおすすめしないかというとあんまり効果がないからです(笑)プロのお掃除屋さんはこういったものは使ってません。

鏡にシャワーで流しながらガラススクレーパーで固着している水垢や石鹸カスをそぎ落とします。

オルファ(OLFA) GスクレーパーSlim 232B

これでキレイになれば問題ないですが・・・(笑)鏡の水滴をキレイに拭きあげて確認して下さい。白い石鹸カスは取れているはず?なのでかなりキレイになってきていると思います。次にこびりついた水垢のみ残っていると思います。これがやっかいなんですよね・・・。

水垢を専用商品で擦って削り落とす!

研磨剤入りの商品が多いのですが、研磨剤が入っていると鏡に傷が付きやすくなるのでおすすめしません。そこでおすすめする商材がこれです。

GSR[ジーエスアール] 280g

スコッチブライト 80mm×105mm

研磨剤が入っていないGSRをスコッチブライドでひたすらこすりまくります!腱鞘炎にならように注意して下さい(笑)

GSRを使った動画がありますので参考にしてください。

鏡の水垢(うろこ) 清掃事例

 

 

お風呂の鏡をキレイな状態を保つには・・・

お風呂は水垢が付きやすいものです。使った後は、徹底的に水分を拭き取って濡れた状態にしない事です。常に換気や浴室乾燥機などを使って乾燥させることでお風呂をキレイな状態が保てます。

洗面台の曇り止め鏡では絶対に止めてください!

※鏡の素材によっては、傷が付く恐れがございますので自己責任の元お願い致します。


一覧ページに戻る